胃カメラの時にゲーゲーなるのですが、大丈夫でしょうか?

検査でゲーゲーとなるのは一番受ける側にはつらいことだと思います。

ノドの敏感さが関係しますので、我慢してと言われても無理ですよね・・これは自分が検査を受けてみて初めて分かりました。

自分で無理とわかった後は患者さんに我慢してとは言わなくなりました。
「だいじょぶですか~?」 と言ってあげるしかありません。
内視鏡検査をうけたことのない医師は内視鏡検査はしてはいけない・・とかになると面白いかもしれません。

私は麻酔なしで内視鏡検査を受けたことがありますが、受け方のコツを良くわかっている自分が「ゲーっ」となり苦しかったです。

なみだはぽろぽろでるし・・・これを毎年きちんと受けるのは・・できればもっと楽なほうがいい・・・というのが本音ですね。
患者さんの立場になるためにも検査医は一度は内視鏡検査を受けるべき・・と思います。

そんな方 (いつも検査が大変) には当サイトでご紹介の静脈麻酔は適正に使用すればとても役に立ちます。

いつも検査が大変という方にはご検討の価値が間違いなくあります。
さらに重要な点です。

小さな癌の発見にはていねいな観察が必要ですが、げーげーなっていますとキチンと検査するのは大変難しいです。

癌家系 (身内に癌の方、この場合は特に胃がん・大腸がんがいる方) の人はきちんと検査を受けるためにも麻酔を使用したほうがきちんとは出来ます。

ただ麻酔に関する危険性をよく考えて、きちんと対応できる内視鏡検査医をみつけることが大切です。
ただなかなかいないというのが難しいところです。

コメントは受け付けていません。