大腸内視鏡検査

胃カメラより苦しいと評判の大腸内視鏡検査ですが、こちらも軽い麻酔を使用すると軽くてすみます。
苦しくない内視鏡検査についてですが・・・
胃の内視鏡検査と 大腸の内視鏡検査では 相当に内容が違います。
多くの内容はごちゃまぜで記載していますが、少し大腸内視鏡検査について細かく書こうと思います。
自分もはじめの頃は麻酔は使用しないで検査をしていました。
麻酔を使用しないで検査・・・これが今でも日本の検査の一般です。(常識というには少し無理がありと自分では感じましたので、一般という単語を使用させていただきました。)
一般的な麻酔を使用しない理由を挙げますと・・・
・麻酔を使用すると痛みがわからなく危険でる。
・呼吸状態が悪くなることがあり危険である。
・検査中、検査後の管理が大変で大変である。
・看護師さんが常に様子を見なくてはいけないのでマンパワーが足りない。
という内容で自分もこれには同意します。
かなり大変なんですよね・・・ホントに。
しかし、自分が検査を受ける立場になり考え方が大きく変わりました。
自分の腸は短く検査医は相当にうまいはずなのに(自分の師匠にしてもらいました。この方は相当に上手でガンの発見率などは異常に高い方です。)結構・・・痛かったんです。
「この先生がしてこんなに痛いのか?と思いましたね・・・」
それからです。自分が患者さんに麻酔をできるだけしてあげようと思うようになったのは・・・
ですから麻酔の問題は大腸内視鏡検査を受ける方になるべく楽に受けてもらおう・・と思ったのがはじめの一歩だったのです。

胃の検査も結構大変ではありますが、痛いというよりは苦しいというのが真実と思います。
しかし、大腸の内視鏡検査では痛みがひどい方が時折おられ、自分のクリニックはホームページで楽にできます・・・と書いてあるので以前とても痛かった方や悪評を聞いた方がインターネットで真剣に探してこられるんですね。

ほんとに 「えっ」こんなところからは来なくて近くにきっと麻酔をかけるところがありますよ・・・というほど遠方の方から電話あったこともあります。

前回の検査がよっぽど大変だったのだと思います。
検査があまりにつらいと次回の検査がどうしても必要な時にどうしてもタイミングが遅くなります。
もっと早く検査を受けておけば少なくとも命は助かったはずなのに・・・という患者さんが自分が実際に担当した方だけでも相当な数になります。

この点を改善したかったのが麻酔を使用する大きなきっかけとなりました。
そして少しは患者さんに役立っているようで自分も少しうれしいです。

コメントは受け付けていません。