食道癌を早期に発見するためには・・・結構大変

 

食道を普通に観察した後に普通は怪しい(早期食道癌の可能性があるかも?)と考えて初めてルゴールという液体を散布して詳しい検査に移行します。

しかし、この怪しいと感じるにはかなりの経験とすごく細かい情報入手を合わせて判断することになります。

あと、ここが現実には重要ですが、この詳しい検査を追加すると・・・麻酔をかけて寝ている状態で検査をしている場合を除いて・・・  結構苦しいし、時間的にはかなり長くなります。

たくさん検査をしている施設には一人あたりに検査がかなり長くなることは問題になりえます。  検査待ちの方が増える可能性があります。

たくさんの検査をされている施設で検査を受ける場合は自分が食道がんのリスクが高いという事がわかっている場合、内視鏡検査医にその内容がわかるように工夫していた方がよいですが・・・多くの検査をしないといけない施設の場合はいろいろと難しい問題があります。

コメントは受け付けていません。